住宅性能表示制度って何ですか?

住宅性能表示制度はこの住宅は安全性が優れているということを証明するためのものです。

2000年4月より「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行され欠陥住宅を避けるために効力を発揮しています。

建築主はこの制度によって10年間の新築住宅について構造及び雨漏りに対して保証をしなければいけません。

そのため住宅引渡をして仮に雨漏り等を起こしてしまったらそれに対応しなければいけなく、建築段階で未然に防ぐ意識も含まれています。

更にこれに加えて「住宅性能表示制度」も設けられ、構造や耐熱性など9項目について第3者機関が審査して「住宅性能評価書」を発行してもらうことが出来る制度で審査をする機関は富山県建築住宅センターなどになります。

またこの証明書は建築主が希望すると発行してくれます。

富山では木造が多いとされていますが様々な措置やメンテナンスを行なえば耐久性があります。

工務店でも木造を得意としている個所も多く、新築・リフォーム問わず工務店に相談してみるといいでしょう。